【画像あり】ワンパンマンのネタバレと感想原作103話


人気コミック「ワンパンマン」103話のネタバレと感想です。

ワンパンマンネタバレを全部読む(。◕ ∀ ◕。)

⇒ワンパンマンネタバレはコチラ!

ワンパンマンのアニメ動画を見たい方はコチラ!

⇒ワンパンマンアニメを無料でみる

ワンパンマン動画無料

ワンパンマンのストーリーはコチラ!

⇒104話を読む(次へ)

⇒102話を読む(前へ)

車の中

ヒーロー協会のあるA市に向かい家族3人。

「そろそろA市に地被いてきたぞ!念願のヒーローマンションだ!」

ワンパンマンネタバレ103

「楽しみね新居!もう怪人に脅えてくらす必要もなくなるのね!」

「最近あまりにも怪人が増えているから35年ローンで安全が買えるなら安いもんだ」

「僕は早くヒーローにあいたい!」

新しい家にワクワクする家族。

ワンパンマンネタバレ103

空を見上げる少年。

「なんだ?あれ?鳥?」

SPONSORED LINK

ドォン!!

隕石のようなものが落ちてきた。

サイタマとタツマキだ。

「いつまで捕まってるのよ!変態!!」

ワンパンマンネタバレ103

いまだに手を離さないサイタマを振り払おうとする。

振り回しても、叩きつけても手を離さないサイタマ。

「何で手を鼻さいないわけ?」

「あんた私の事好きなの?」

「だって話せば、お前俺から逃げて、またフブキのとこ行くんだろ」

「逃げ・・・ふ、ふざけんじゃないわよ!どうして私より弱い相手から逃げなきゃならないのよ!」

「ほい」

手を放すサイタマ。

「あんたなら、念動力の出力を少し強めにあげても死なずに済むかもな」

「おぉ!!そんなのできたら楽しそうだな!」

SPONSORED LINK

ワンパンマンネタバレ103

「北西2キロの地点で異常な振動を確認しました!怪生物の仕業と思われます」

「今度は外からか…」

「ヒーローが足りないぞ!」

「災害レベルの判定をしろ!」

SPONSORED LINK

「規模的にはS級の力が必要になります」

「すぐ動けるやつに連絡をしろ!」

家族達、サイタマとタツマキの戦いを見て子供が興奮する。

「すげー!何あれ!近づいてくるよ!!!」

「スゴイ!S級ヒーローのタツマキだ!」

「タツマキが何かと戦っているよ!」

父「スゴイ現場を見ちゃったな」

「S級ヒーローがこんな本部近くで戦うとはよほど深刻な事態なんだろう」

「急いではなれないと」

「もっと近くによってよ!声が効きたいよ!大ファンなんだ!!」

家族の車に、大きな岩がぶつかりそうになりサイタマが阻止する。

「おい!今の危ねぇだろ!周りを良く見ろ」

「ふん偉そうに」

サイタマの頭にぶつかって跳ね返った岩が車の方にとんでいく。

「あ、やべ」

「危ないわね!どこに引き返してんのよ!」

タツマキはパワーで車を宙に浮かせる。

「んだとチビ!」

「言ったわね!もう本当にコナゴナにして鉢植えにまくわ!」

父「声が聞けて良かったな」

子「う、うん・・・」

「あ!また押し飛ばす技か?そんなもん踏ん張れば効か・・・」

「俺のジャージがあああああ!!!」


「まだまだ!!」

つづく

ワンパンマンネタバレを全部読む(。◕ ∀ ◕。)

⇒ワンパンマンネタバレはコチラ!

ワンパンマンのアニメ動画を見たい方はコチラ!

⇒ワンパンマンアニメを無料でみる

ワンパンマン動画無料

ワンパンマンのストーリーはコチラ!

⇒104話を読む(次へ)

⇒102話を読む(前へ)

感想

サイタマとタツマキの戦いが始まりました!

サイタマの体は岩のように固く頑丈だから、タツマキの攻撃に吹っ飛ばされたりするものの、無傷です。

そんなサイタマの強さにタツマキも驚いているようです。

タツマキの攻撃で竜巻のように渦を巻いて、その中で戦っていますね。

サイタマは竜巻の中で、普通に戦っていますが、他のヒーローだったら、あの中にいるのもやっとなのかもしれませんね!

タツマキちゃんの方が、積極的に攻撃していきます。サイタマはタツマキちゃんの攻撃を面白がりながら、受け止めている感じです。

次回に結着がつくのでしょうか?

さて、どちらが強いのでしょうか?

SPONSORED LINK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする