ワンパンマンONE先生について語る


ワンパンマン ONE先生

WEB漫画界に突然現れ、あっという間に読者を虜にしたワンパンマンだけど、原作者ってどんな人なの?

自画像にあるようにホントにハゲなの?

埼玉県出身なの?

ワンパンマンってどうやって出来たの?と、読者の興味は尽きない・・・!

ちょっとだけ、私が知っていることと、紹介をさせていただこうと思います!

ワンパンマンの作者ONE先生ってどんな人?

ONE先生は、最初は描いた漫画を自分の携帯の写メで撮ってインターネットにアップしていたらしいんだけど、その後、「新都社」という無料公開できるWEB漫画サイトにPCで描いた漫画をアップするようになったとのこと。

この辺の詳しい話は、村田先生とONE先生がインタビューに答えている記事がネットにアップされているから、そちらを読んでみてくださいな!

「ワンパンマン インタビュー」で検索!

このインタビュー記事を読んで、私はものすごく感動した!

誰もが持っているかもしれないそんなセンス、でも、うまく表現できないかもしれない。

でも、やってみなくちゃわからない!

だって、漫画描くの好きなんだろ!って、そんなメッセージを勝手に受信してしまった私です(笑)

このインタビューの中で私が一番びっくりした事実は、なんとワンパンマン作画を村田先生の方からお願いしてやっていたということ・・・!

村田先生は、もともとワンパンマンのファンだったんだって!

てっきり、そういったやり取りって編集部とかを通してされるもんだと思っていたけど、当人同士でなんてこともあるんだね~!

ONE先生のセンスを、村田先生が見つけたってことだもんね。

めぐりあわせってあるんだな~と思ったよ。

村田先生の熱い情熱や、ONE先生の漫画への思いだとか、でも時々クールな、そしてユーモラスな返答があったりして、本当に面白いインタビュー!

このインタビューを読んで、ONE先生ってどんな人なんだろうと、ものすごく興味を持った私は、どんどんONE先生のことを調べだしたのであった・・・。

SPONSORED LINK

ストーカーちっくでごめんなさい・・・ほんと・・・。

ONE先生は、あといくつかインタビューを受けていて、その記事もまだネットに残っているので、面白そうだなと思ってくれた方はぜひ読んでみてね!

ONE先生のワンパンマン以外の作品

ONE先生は、ワンパンマンの他にも「となりのヤングジャンプ」で「魔界のオッサン」という作品を連載していました。

残念ながら今は更新が止まっているんだけど、こちらも、もんのっっっっすごくおもしろい・・・!

SPONSORED LINK

ギャグペーストなんだけど、ただのギャグじゃなくて、最後には家族の絆みたいなものが見えて感動するという・・・。

題名からは考えられないような内容!

残念ながらこちらは単行本化はしてないのだけど、WEBサイトで無料で読めるので、気軽に読んでみて!

ただし、一気に読んで寝不足になってもしりませんwww

そして、ONE先生は、「裏サンデー」またはケータイアプリ「漫画ONE」でも、漫画を連載しております!

「モブサイコ100」という作品だけど、これもまた面白いんだ・・・。

さっきから面白いしか言えてなくてホントすみませんww

でも、それしか言えなくなるほどだと思ってもらえたら嬉しいなww

おすすめは、ケータイアプリ「漫画ONE」で読むこと!

「裏サンデー」だと、最初の何話分かと最新話辺りしか読めないようになっているんだよね~。

アプリのほうだと、無料で最初から最新話まで読めるし、ケータイでさくさく読めちゃうし、空き時間とかにぴったり!

一日に読める分が決まっているから、寝不足に悩むこともないかもねww

「モブサイコ100」は単行本にもなっているから、紙媒体でもネットでも好きな方で読めるのも良いよね~。

超能力の話なんだけど、ものすごい能力を持った主人公が、周囲に影響されながら人間的に成長していくストーリーで、その中に大迫力の超能力バトルがあったりする!

この作品にもONE先生のセンスがちりばめられていて、読み飽きないんだよね~。

たまに、サイタマが友情出演してたりするのも面白いww

SPONSORED LINK

こうやって紹介していると、何度でも読みたくなるから、ホントに不思議だよね・・・。

この気持ちを、もっと多くの人と共有できたらいいな!

ONE先生まとめ

誰しもが一度は、「漫画家になりたい」という夢を持ったことがあると思うんだけど、ONE先生は、そんな夢を持った少年少女だけでなく、大人にも、もう一度夢を見ることを教えてくれた存在だと思う。

漫画って感性やセンスが必要だと思うんだよね。

誰でも持っているわけじゃないし、持っていてもうまく絵で表現できるわけでもない。

ONE先生も、そんな人の一人だったのではと、思うのです。

その、本当に言い辛いのだけど、ONE先生はそれほど絵が上手なわけではないよね・・・。

でも、あんなに面白い漫画を描くことが出来る。

ワンパンマンは、今では一千万部を超える大ヒット作品で、海外にもファンがたくさんいる。

これをセンスと言わずしてどうしようかと!

漫画家になりたくても、自分は絵が上手じゃないからあきらめる・・・と思わずに、自分の作品をみんなに読んでもらいたいと思って、WEB漫画の道を選んだなんて、本当に漫画を描くのが好きなんだろうなぁ。

私は、そんなONE先生を尊敬している!!

もちろん村田先生も尊敬している!

両名様、これからも、お体に気を付けて、素晴らしい作品を作り上げていって下さい!

SPONSORED LINK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする