ワンパンマン、フブキの強さについて


フブキの強さ

ワンパンマンネタバレを全部読む(。◕ ∀ ◕。)

⇒ワンパンマンネタバレはコチラ!

ワンパンマンのアニメ動画を見たい方はコチラ!

⇒ワンパンマンアニメを無料でみる

ワンパンマン動画無料

フブキって強いの?って思ったこと、誰でもあると思うんだけど、実際のところはどうなんだろうか?

一応、B級のヒーローランキングで1位らしいけど、1位らしいところをあまり見ていないせいか、強さがいまいちわからない・・・。

フブキの印象って、美人で高飛車で手下がいっぱいいる超能力者っていう感じなんだよね。

なんたって、フブキがまともに戦っているのって、3巻の番外編で扇風機の怪人との戦闘シーンくらい・・・。

あとはサイタマ(超超超各上の相手)とか、ゲームでの戦いとかww

実際、S級のジェノスと音速のソニック(笑)との戦闘には全く手出しできなくて、次元が違うと感じているようだし、戦闘能力はあまり高くないのかな??

サイタマをフブキ組に勧誘しに来たときは、結構迫力ある感じで超能力を使っていたけど、どうかな?

広い範囲(少なくともビル一つ分以上)で影響を及ぼすことが出来るみたいだし、小石や砂利程度とはいえ、浮かせて同時に相手に打ち込むというのは結構なダメージになるよね。

でも、S級には敵わないと思う。

タツマキに比べるとめっちゃ弱いフブキ

フブキの強さ

やっぱり、同じ超能力者で実の姉のS級ヒーロータツマキがいるから、なかなかフブキの能力が目立たないというか・・・。

フブキごめんね(´・ω・)

決して弱くはないんだろうけど、どうしてもタツマキの超能力シーンが出てきちゃうからフブキの能力が弱く見えてしまうの(´・ω・)

でも、フブキはタツマキにはないものをたくさん持っている!

SPONSORED LINK

おっぱいとかおっぱいとかおっぱいとか。

フブキは海外でも「美人」との呼び声が高く、とても人気があるし、作画の村田先生も「ベストガール」だと評価しているくらいの存在みたいだし!

フブキはものすごくタツマキに対してコンプレックスがあるようだけど、そこまで思いつめなくても大丈夫!

結構いろいろ勝っているよwww

SPONSORED LINK

フブキもランクアップに向けて強くなろうとしている?

地獄のフブキ

そういえば、サイタマ・ジェノス・フブキで輪になって話しているとき、ジェノスが「お前も強力な超能力者なら十分A級を狙えるはずだ」というセリフがあったから、A級並の力はあるということだよね。

その言葉があったからかどうかはわかんないけど、なんだかフブキもランクアップに前向きになっているようだし。

余談だけど、このシーンで、サイタマの前だからかきちんと正座しているジェノスがかわいいww

何気に、サイタマの前では礼儀正しい弟子なんだよねwwジェノスってww

超能力って鍛えることが出来ないイメージだけど、原作者のONE先生が他社のWEBサイトで連載している超能力漫画にもトレーニングしている場面があるし、フブキもそんな地味なトレーニングをするのかと思うとカワイイw

普段のタカビーで生意気なところも許せちゃうねww

手下たちにはそんな地味なところ見せられないだろうからこっそりやるんだろうし、ギャップ萌えってやつね!

超能力とかは精神力の表れっていう考えもあるから、サイタマとの出会いで精神的に強くなれて超能力も強くなった・・・っていう展開もありそう。

私としては、せっかく貴重な主要女子キャラで美人さんなんだから、戦闘シーンじゃなくて、お色気やキュンキュンするところが見たいと思っちゃうけど、ワンパンマンにそんなシーンいらないかな~とも思うし、難しいところだね・・・。

サイタマやジェノスとの絡みも面白そうだけど、ワンパンマンの神髄は戦闘シーンだし!

・・・戦闘シーンで服が破けるくらいはしてほしいかな・・・(結構本気で)

フブキは強いの?弱いの?

フブキの強さ

結論を言うと、フブキは弱くはないけど、サイタマやタツマキといった身近な人が強すぎるから、目立たない!

また、これからどんどん強くなる可能性がある!

今後に期待!

SPONSORED LINK

戦い以外にも期待!(笑)

カバー裏のタツマキとのショッピング小ネタとか、目次のセクシーショットとかも見どころ。

隅々まで読みつくしても飽きないのがワンパンマンの魅力のひとつ。

フブキファンには、8巻以降の色々なところにも注目してほしいですね!

ワンパンマンネタバレを全部読む(。◕ ∀ ◕。)

⇒ワンパンマンネタバレはコチラ!

ワンパンマンのアニメ動画を見たい方はコチラ!

⇒ワンパンマンアニメを無料でみる

ワンパンマン動画無料

SPONSORED LINK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする