【画像あり】ワンパンマンのネタバレと感想原作75話


ワンパンマンネタバレ75

人気コミック「ワンパンマン」75話のネタバレと感想です。

ワンパンマンのストーリーはコチラ!

⇒76話を読む(次へ)

⇒74話を読む(前へ)

ワンパンマン、ネタバレ75話

「正義を執行する」

鬼の形相のアマイマスク

凄い地響きがしている

プリズナーが止めに入る

「アマイマスクちゃん、ここはキングちゃんに任せ」

プリズナーの声も届かぬうちに持ち上げていた大きな岩を投げ飛ばすアマイマスク

ワンパンマンネタバレ75

岩は黒い精子の頭上に!!

ぐしゃ・・・・・命中!!

「ふう」

息を吐くアマイマスク

ワンパンマンネタバレ75

命中した岩・・・動き出す・・・ズズズズ

軽々岩を持ち上げる黒い精子

「ふう・・じゃねーよ。俺を前にひと呼吸置く余裕があるのかよ?」

SPONSORED LINK

構えるアマイマスク

「ゴキブリか・・・・ならば」

ワンパンマンネタバレ75

「おい!後ろ!殺気が動いてる」

アトミック侍が叫ぶ

ドバッ!!

黒い精子が!!

「?!」

振り返るアマイマスク

ワンパンマンネタバレ75

アマイマスクの背後には巨大化した黒い精子の巨大な手が

攻撃をよけるアマイマスク

「巨大化するのは殺される前フリでいいんだな?」

攻撃しようと持上げた手に違和感が!!

アマイマスクの腕が飛んだ!!

ワンパンマンネタバレ75

「ボッ!僕の腕ッ!!」

目を大きく見開くアマイマスク・・・振り返るとそこには天然水がいた

「あ・あいつか・・・あいつが僕の腕を」

怒り心頭の甘いマスクに童帝くんが叫ぶ

SPONSORED LINK

「聞け!あの水は正攻法じゃ敵わない!!まずは回避に徹しろ!信じられない圧力で放たれる

水鉄砲は何もかも貫通・切断する。でも僕は攻略法を思いついた!だからイケメン仮面は

キングさんのサポートに回っ」

地面に落ちている、切り下ろされたアマイマスクの腕・・・

ワンパンマンネタバレ75

地面から腕を拾いグリグリと元の位置へ戻そうとするアマイマスク

「!あーあ。錯乱しちゃったよ、このお兄ちゃん」

黒い精子がひやかす

「綺麗な切断面だった。おかげで縫合なしでくっつけられた・・・とはいえ・・・僕の

美しい体に傷をつけたことは全く許しがたい・・・許さん」

「童帝、さっさとその攻略法とやらを」

と、言うアマイマスクに異常な恐怖を感じている童帝

・・・その時何かが飛んできた・・・ピュン

ドッ・・・アマイマスクの体を貫く・・・

ワンパンマンネタバレ75

「プリズナーさんっ!クロビカリ救出を急いでくださいッ!」

童帝が叫ぶ

「わかった、5分で戻る!」

「エンジェルクロール!!」

といって、地面に潜っていくプリズナー

「イケメン仮面もやられた今もう僕とキングさんでこの状況をどうにかするしかないッ!

キングさん今から作戦を伝えますッ!!」

心を決める童帝と一層心拍数を上げるキング・・・

ワンパンマンネタバレ75

「?!!」

その時、そびえたつアマイマスクが!!

SPONSORED LINK

「誰がやられたって?そんな早計でよく天才呼ばわりされたものだね。まあいい・・・」

ワンパンマンネタバレ75

「倒れないのか?!でもその怪我で動くなんて事は」

「なんなんだあいつは」

驚く童帝とアトミック侍・・・

「いちいち驚くなよ。僕がやるべき事は攻略法伝達までの時間稼ぎなんだろう?」

「さっさとキングに伝えてくれ。その間にもし僕が勝っていたらキミの立場がなくなるな」

サラッと言い放つアマイマスク

「なめてるな~お前・・・」

と、黒い精子が口を開いた瞬間、アマイマスクの一撃が奴の顔面を突き破る

「黙れ」

ワンパンマンネタバレ75

「悪が僕の前であまり調子に乗るものじゃない」

凄い形相のアマイマスク

コオオオオオオオ

その時、地下では・・・

「次はそっちの・・・それだ・・・その右の瓦礫を動かせ」

「これか?」

「違うその手前の小さい瓦礫だ」

「ああ、これか引っこ抜くぞ」

「慎重になッ!!」

サイタマとフラッシュがなにやら瓦礫を引っこ抜く算段をしていた

ワンパンマンネタバレ75

冷静に瓦礫をどかしつつ慌てない様子のサイタマと、サイタマの素性が分からず腹の中を

探る様子のフラッシュ・・・

「お前の名前を覚えておいてやろう。ヒーローネームはなんという?」

「・・・・名前はサイタマだよ」

「んなここより、まだ抜けねーのかよ!」

「ああ、まだ駄目だ次はその鉄骨だな」

「崩れないようにゆっくりとな・・・」

「くそ・・・こんなチンタラやってたら夜が明けちまうよ」

「怪人グループってヤツらの中には強い奴もいるかもしれないのに・・・」

先に進みたいが親切に瓦礫をどかす作業を続けるサイタマ

ワンパンマンネタバレ75

オオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ

どこかにとじこめられているクロビカリが体育座りしている

ワンパンマンネタバレ75

オオ・・・・ボコッ!周りで騒音がしている・・・

と・・・プリズナーがそこに現れる・・・

「クロちゃんやっぱり無事か!!今地上でまだ戦いが続いてて・・・」

「クロちゃんの力も必要になると思っ・・・・クロちゃん?」

そこには、ただただうつろな目をして放心状態のクロちゃんがいた・・・

ワンパンマンネタバレ75

クロちゃんが口を開く・・・

「これは地震じゃなくてタツマキちゃんの力だろ?ちゃんと死ななように岩板でスペースが

作られていたからな。地上でタツマキちゃんはどうなってんだ?タツマキちゃんはガロウに

勝てたのか?」

「ガロウ?地上では見かけなかったが・・ガロウはクロちゃんが倒したんじゃないのか?」

慌てた様子でプリズナーが答える

「お」

そういうと、クロビカリは体を震わせ涙を流す・・・

「俺は・・・負け犬だ・・・折れてしまった・・・」

ワンパンマンネタバレ75

ワンパンマン、ネタバレ75話の感想

そうか、、、アマイマスクは自分の役割は時間稼ぎだとそう思い必死で役割を果たそうと

何度も立ち上がっていたのか。まさか、ちぎれた腕までくっつけることが可能だとは思って

いなかったが笑。もう少し頑張って!アマイマスク!

心臓音をバクバクさせているだけのキングがどんどん持ち上げられていって、一体このまま

どんな状況でキングにバトンタッチされるのか・・・それとも絶妙なタイミングで救世主が

現れるのか・・・サイタマはまだ地下でマイペースに人助けをしている笑

サイタマのことだから、一気に地上にででくるのか・・・

プリズナーが見つけたクロちゃんはすかっり自信を失っていた。

あんなに自信に満ち溢れていたクロビカリはどこにもいない・・・

さあ、プリズナーとの友情を見せてもらおう!

ワンパンマンのストーリーはコチラ!

⇒76話を読む(次へ)

⇒74話を読む(前へ)

SPONSORED LINK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする