【画像あり】ワンパンマンのネタバレと感想原作71話


ワンパンマンネタバレ71

人気コミック「ワンパンマン」71話のネタバレと感想です。

ワンパンマンのストーリーはコチラ!

⇒72話を読む(次へ)

⇒70話を読む(前へ)

ワンパンマン、ネタバレ71話

ゴゴゴゴゴゴゴ

崩れた瓦礫の間から顔を覗かせるプリズナー

「回復してきたと思ったらアジトが崩壊して地下にとじこめられた。ここは瓦礫同士が

支えあって比較的広い空洞が出来ているようだ」

「確か童帝きゅんが突入前に全員に発信機を持たせていたな。服は破れたがケツに仕込んでおいて

正解だった」

ゴオオオオオオオオオ

色々と考えるプリズナー。ケツに仕込んでおいた発信機を手にする。

「これがあれば救助がくるだろう」

「だが・・・・もし・・・大怪我を負って一刻の猶予もない男子がいたら?」

「生き埋めになってるんじゃ尚更ピンチだ・・・」

ピッピ・・・発信機が鳴る

「ここは動ける俺が助けに行くべきだな。幸いこの機械でそれぞれの場所がわかる」

ニヤリとするプリズナー

「瓦礫の海を力ずくで泳ぐ!エンジェルクロール!!」

SPONSORED LINK

ワンパンマンネタバレ71

ズガガガガガガガガ

凄い勢いで、素手で瓦礫を掘り進めていく

・・・・ヒーロー集団・・・

焦る様子のフブキちゃん

「完全に姉の仕業よこれは。タツマキはこういうことする人間なのよ」

「何を考えているんだ・・・奴か・・・?」

構えるジェノス

「待ちなさい鬼サイボーグ今地上に出るのは得策ではないわ!」

ワンパンマンネタバレ71

「あの姉が本腰を入れて戦闘モードに入る程度の状況なのよ。おそらくいま地上では私たちの

手に負えないクラスの化物と姉が一騎打ちを始めようとしている・・・出ても巻き込まれる

だけよ」

反応するジェノス

「私たちだと?まさか本当に『フブキ組』のつもりじゃないだろうな」

「まあまあジェノスくん」

なだめるバング

「わしらは出遅れて戦況が掴めん状態だ。こういう時ほど慎重になるべきだぜ」

ジェノスが口を開く

「地中でか?悪いが俺は貴様らの道場の門下生でもない。俺は動くぞ」

SPONSORED LINK

「鬼サイボーグはハゲマント。サイタマ先生の弟子だからな」

ワンパンマンネタバレ71

カッ

ドッ

エネルギーによって辺りが崩壊しジェノスが地上に出る

そこでジェノスが見たものは・・・

ワンパンマンネタバレ71

巨大化する液状の怪物

無数の黒い影

宙に舞う光の玉

ワンパンマンネタバレ71

怪しい音がする・・・怪物からしているようだ・・・

怪物が口から攻撃をしている

応戦するタツマキちゃん

「超高圧で射出する水鉄砲が主な武器」

「つまり雑魚ね」

ワンパンマンネタバレ71

タツマキちゃんに向かって光の玉が無数に飛んでくる・・そして爆発する

「おや・・・私の全力を試せると思ったんだが今のでやってしまったかな」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

タツマキちゃんの姿が現れる

ワンパンマンネタバレ71

タツマキちゃんが物凄い形相で睨んでいる

「あっそう。あんたたちそんなに早く消して欲しかったんだ」

「?!」

驚く怪人

「無傷?!」

「来るぞ・・・マジな念動力が」

怪人達がスタンバイしている

「来いや~」

睨むタツマキちゃん

SPONSORED LINK

「全員まとめて10秒あれば・・・」

ワンパンマンネタバレ71

大声で叫ぶジェノス

「タツマキ!上に何かいるぞッ」

タツマキの背後に何かが迫っている

「超能力による攻めに集中したとき守りは薄くなる。その隙を待っていた」

ワンパンマンネタバレ71

ガチッ

タツマキちゃんが攻撃を受ける

「お返しだ」

「!」

「落ちろ」

物凄い勢いで落下し地面に叩きつけられるタツマキちゃん

ワンパンマンネタバレ71

崩れた瓦礫の中から姿を現すタツマキ

パラパラパラ

その時、タツマキの頭から大量の流血

「やった」

嬉しそうな怪人

「脳にダメージを受けて超能力が一時的に消失した!今だ!」

「このチビをやるなら今しかない!やれ」

ワンパンマンネタバレ71

その時大きな拳がタツマキの顔面にヒット

「顔面崩壊パンチイ」

パンチの威力で飛ばされるタツマキちゃん

「いいよなー若くて才能あってチヤホヤされるような奴はよおお」

「だが俺は卑屈になるほど強くなれんだよ」

ニマニマ笑いながら喋る怪人

「超能力より面白いもん見せてやるぜえ」

「ブサイクに生まれ人格が最低にねじ曲がったオレ様の超暴力をよ」

ワンパンマンネタバレ71

血だらけのタツマキちゃんにさらなる攻撃をしかけてくる怪人

ゴキゴキ

メキメキ

「ふう、やれやれ。お前俺たち相手に一人で勝つ気だった?」

黒い影の怪人に握り潰されそうになっている

「なめたガキだなどうしてくれようか」

「お?まだちょっと念動力でガードしてるっぽいな。だが弱々しい。ギュッと握り締めたら

どうなる?」

不気味に笑う怪人

ワンパンマンネタバレ71

と、その時ジェノスが参戦する・・・エネルギー発射

「焼却」

険しい顔をしたジェノス

「貴様らが怪人教会の主犯格だな。この場で全て排除す」

ボキン!!

「・・・・・る」

その時ジェノスの背後で攻撃音がする

ワンパンマンネタバレ71

「なっ?!」

ダメージを受けているジェノス

「よっと。お前らのターンは無いんだよ」

血だらけのタツマキちゃんが踏ん張る

「くっ!力が安定しない」

「ここまで我々の兵力を削られるのは予想外だったが結果的には今日攻めてきてくれて

よかったよ」

「急ごしらえの突入メンバーブラストやメタルナイトもいない。タツマキがいれば勝てると

甘くみたのだろう。飛車角落ちの状態でここにいらっしゃった。そして無論、後日また

戦うことになろうが、飛車と角だけで我々に勝てるはずもないのだ」

ワンパンマンネタバレ71

ワンパンマンネタバレ71話の感想

まさかのプリズナーの素手もぐら笑 ワイルドすぎる~。笑えました。

発信機をケツに仕込んでおくあたりも、キャラっぽくていいと思います。

発信機によって、みんなと合流できるか?プリズナー。

一方、戦うタツマキちゃん。血を流してボロボロなんだけど、表情は変えない。

まだ本気じゃないのか?それとも危機を感じているのか?その表情からは感じとれない。

早く反撃してーーーー。タツマキちゃん!!見かねたジェノスが参戦するも、ジェノスも

攻撃をうけてしまう。うううううう。早くサイタマ登場しないかなー。

サイタマの登場のタイミングが楽しみになってきました。

ワンパンマンのストーリーはコチラ!

⇒72話を読む(次へ)

⇒70話を読む(前へ)

SPONSORED LINK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする