【画像あり】ワンパンマンのネタバレと感想47話


ワンパンマンネタバレ47

人気コミック「ワンパンマン」47話のネタバレと感想です。

ワンパンマンのストーリーはコチラ!

⇒48話を読む(次へ)

⇒46話を読む(前へ)

「集まったわね」

「これよりターゲットのアジトに乗り込む」

ワンパンマンネタバレ47

「相手が反抗的な態度を少しでも見せたら・・・・・・・・・・わかってるわね?」

「はっ!」

「二度と生意気な態度ができぬよう身体で教えてやります!」

「行くわよ」

B級2位マツゲ

B級3位山猿

B級1位地獄のフブキ

「はい!フブキ様!」

ワンパンマンネタバレ47

「サイタマ先生の順位がB級7位に上がっています」

「俺もS級14位にあがりました」

「視界に入った怪人を普通に倒してるだけなんだけどそんなに上がってたのか」

SPONSORED LINK

「最近は毎日のように怪人が現れますからね」

「先生は怪人を倒しても協会には報告をしていない」

「にも関わらず順位が上がっているということは目撃者が先生の活躍を協会に報告しているという事です」

「つまり先生のヒーローとしての顔が民衆に知れ渡っています」

「そのうちサイタマ先生のファンクラブなどもできるかもしれません」

「ありえないだろ」

「S級のジェノスでもファンクラブが無いのに」

「俺のファンクラブは既にあります」

「・・・・・マジかよ」

ワンパンマンネタバレ47

「高速接近反応」

「あ、アイテムだ」

「人間のスピードじゃない・・・怪人か?先生は忙しそうだし俺が出るか」

「ちょうどいい新パーツの性能テストになるな」

「出てこい」

ワンパンマンネタバレ47

「!」

「人間か・・・・何の用だ」

「サイタマを出せ。ここに住んでいるという情報は掴んでいるぞ」

「サイタマ先生の知り合いか?・・・・・・・?」

SPONSORED LINK

「お前はどこかで会ったな」

ワンパンマンネタバレ47

「どけ邪魔だ」

「俺は音速のソニックサイタマのライバルだ今日は決着をつけにきた早くどけ邪魔だ」

「音速のソニック(笑)貴様だったのか変質者め」

「先生のライバルを騙るなどおこがましい恥知らずめ」

「消えろ。それ以上踏み出せば排除する」

「排除されるのはお前だ」

「金魚の糞野郎」

ワンパンマンネタバレ47

「や、やべえ・・・!間違えてキングのセーブデーターに上書きしちゃったよ」

「勝手にアイツの部屋から持ってきたうえにデーター消しちゃったよ・・・・・・まぁいっか・・・・・よくねーよな。やべえ」

ー20分後ー

「B級7位ヒーローサイタマ!ここに住んでいるのはわかっている!出てきなさい!」

「B級1位ヒーロー地獄のフブキ様から話がある!」

ワンパンマンネタバレ47

「・・・・・・・・・・・・ん?」

「あ、新聞なら間に合ってます」

「我々はセールスではない!お前よりランクが上のヒーローだ!」

「初めまして新人のサイタマさん」

「私は地獄のフブキ・・・・と言えばわかるかしら?」

ワンパンマンネタバレ47

SPONSORED LINK

「えっ全然わからん」

「誰?」

「彼女はB級ヒーローランキング1位のお方だ」

ワンパンマンネタバレ47

「あ、そうなんだお疲れさん」

「何?」

ああ・・・・態度でけえコイツ・・・・・・・

「我々をナメてるようだからハッキリ言ってやる」

「お前最近調子に乗ってるようじゃないか?新人のくせにフブキ様に挨拶も無しか?B級昇格者はまず始めにフブキ様に挨拶に来るのがしきたりだぞ」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

ワンパンマンネタバレ47

「挨拶って言われてもね・・・・・・・・・・・」

「こんにちはサイタマですよろしく」

「・・・・・・・・・・・・・・・まあいいわ」

「あなたヒーロー業界にも色々な派閥があるって知ってる?」

「はばつ?」

「まだデビューして三か月も経っていないようじゃどの組にも属してなくて当然でしょうけど」

「それではこの先生き残れないわ」

「・・・・・いや意味わからん」

「つまり順位を上げるには独りじゃ無理ってことなのよ」

ワンパンマンネタバレ47

「なんで?」

「邪魔されるからよ」

「誰に?」

「ライバル達に邪魔されるのよ」

「まあよくわかんねーけど今ちょっと忙しいから」

「話はまだ終わってないわ」

「私の傘下に入りなさい」

「そうすればB級ポジションを守ってあげるわ」

・・・・・・・・・・・・・・・・?

「は?」

「ああ・・・なんだそういう事か」

「断れば今後の俺の活動をお前らが邪魔するって事かよ」

ワンパンマンネタバレ47

「お前B級ヒーロー全員にこんあ脅しみたいなことやってんの?」

「どこの番長だよ」

「いいえ。私が見込んだヒーローだけよ」

「俺に1位の座を取られるのが怖いの?」

「安心しろよ、どうせ俺1位に留まらずにA級ランクに上がるから」

「なんでフブキA級に行かないの?いくら手下を作ってもB級のままじゃつまんなくないか?」

「・・・・・・・・・・・・・・・早く答えを言いなさい」

「断るに決まってんだろヒーローに上下関係なんかあってたまるか」

「マツゲ!山猿!」

「はっ!!

ワンパンマンネタバレ47

「今後一切のヒーロー活動ができないように」

「傷めつけてあげなさい」

イラッ

ワンパンマンネタバレ47

一発で殴り倒されるマツゲと山猿

「え?」

「お前それじゃー生き残れねーぞ」

「フブキ」

つづく

ワンパンマンネタバレ47

感想

新しいヒーローが出てきました。

その名は地獄のフブキ。

めずらしい女性のヒーローです。

B級1位をもつヒーローとのこと。

おなじくB級2位のマツゲと3位の山猿を従えての登場です。

それにしてもサイタマ7位に順位が上がってよかったですね。

でもジェノスにはすでにファンクラブができていたとか・・・さすがです。かっこいいですからね!

ジェノスは。それにしてもサイタマ、結構色んな人に目をつけられてますね。

最速ソニック君とかもそうだし。やっぱり強いと敵も多いもんです。

でもそんなことよりもキングのセーブデーターを上書きしてしまって焦るサイタマ。

バレたらかなり怒られますよね。

こんな大事な時にね。フブキ達も来たりね。

正直こっちは忙しいってなもんです。でも無視する訳にもいかないし・・・。

とりあえず山猿とマツゲを一発で殴り、ビビるフブキに一言お前それじゃ生き残れねーよと。かっこいいです!

ワンパンマンのストーリーはコチラ!

⇒48話を読む(次へ)

⇒46話を読む(前へ)

SPONSORED LINK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする