【画像あり】ワンパンマンのネタバレと感想42話


ワンパンマンネタバレ42

人気コミック「ワンパンマン」42話のネタバレと感想です。

ワンパンマンのストーリーはコチラ!

⇒43話を読む(次へ)

⇒41話を読む(前へ)

・・やべえ・・

・・ヒーロー辞めたい・・

「ギャハハハハハハハハハハ!」

「爬虫類を愛するあまり爬虫類に変異したシタノビール様の登場だあ!お前ら!

俺の子を産めえ!」

「なんだコイツ大の男5人がかりでも手に負えないぞ」

「怪人だ!逃げろ!」

騒ぐ市民

「ギャハハハハハハハ、娘っこは一人も逃がさないよお」

「ん~レロレロレロレロ!」

ワンパンマンネタバレ42

「レロレ・・・」

「うわっビックリした!!」

「な、なんだあてめえはああ!」

・・なんだこの雰囲気は!・・

SPONSORED LINK

・・この顔・・・!・・

・・ただモンじゃねえ・・?!・・

ワンパンマンネタバレ42

「あ!!あの人は」

「地上最強の男と言われているヒーロー・・・」

「キングだ!」

「うわあああああ!キングだ!」

「すげえ!キングだ!」

「最強のヒーローだ!」

「どっかで見たと思ったら」

「あの伝説の・・・?!」

ギャラリーの皆がワイワイ騒ぐ

「キング!キング!キング!」

「・・・・・」

ワンパンマンネタバレ42

「こっここここ・・・」

「この度は皆さまに多大なるご迷惑をおかけしまして誠に申し訳ございませんでした」

土下座する

『怪人が土下座し始めたぞお!』

『キングさんやっちゃってください』

SPONSORED LINK

『さすがキングさん!ハンパねえっす!』

ワイワイ騒ぎ出すギャラリー

『キング万歳!!』

ワンパンマンネタバレ42

・・どうしてこうなった・・

「キングさん怪人の気配を感じ取って来られたんですか?」

「好きです」

更に騒ぐギャラリー

「怪人気絶した・・・すげー超能力か?」

「キング!キング!」

「キングさんの顔を見ろ!怒ってらっしゃるぞ!道を開けろお前ら」

ドッドッドッドッドッド

「この音なんだ?」

「お前しらないの?キングエンジンだよ」

キングエンジンとは・・・

地上最強の男キングが戦闘態勢に入った時に鳴る音。この音を聞いて

生きて帰った怪人はいないといわれている

ドッドッドッド

「忙しいんだ・・・どっか行ってくれるか?」

「?!!」

「解散だ!解散」

「キングさんに迷惑かけた?!」

「すいませんした」

・・お会計5800円でございます・・

・・ありがとうございました、またおこしくださいませ・・

ワンパンマンネタバレ42

「ふう・・・買えた。新作の恋愛シミュレーションゲーム『どきどきシスターズ』

初回限定版」

「テンションあがってきた」

「ゲーム買ってから家に帰るまでのこのワクワク感がたまりませんな」

「早く帰ってプレイしよ」

「むふっ」

S級7位ヒーローキング

「先生やはりあれはキングのようです」

「誰?」

「S級集会にも来ていたヒーローです。サイタマ先生を差し置いて最強の称号を

手にしている男です。こんな所で一体なにを・・・」

ワンパンマンネタバレ42

ビルが立ち並ぶ光景

「きゃあああああああ」

「!」

「怪人よおおおお!」

「うわーっ!」

「?!!!」

「あああああ子供が危ない!」

「怪人だと?先生すぐに消して・・いや」

「キングの実力を見る良い機会かもしれません。様子を見ましょう!」

ワンパンマンネタバレ42

ばかデカイ怪人が現れる

SPONSORED LINK

ワンパンマンネタバレ42

ドッドッドッド

「我が名はヅシモフ」

「組織によって作られた機神なり」

「最強ヒーローキングだな?」

「貴様を抹殺する!!」

「ヒーローキングだ!キングがいるぞ!」

「じゃあ大丈夫じゃん」

「キング~!」

「やっつけろ~!」

「組織・・・?」

「俺を地上最強の男、S級ヒーロー7位のキングと知ってのことか?!」

ワンパンマンネタバレ42

「貴様をやっつけに来たと言っている!!」

「これは我の戦闘AIの性能テストでもある!スキだらけの貴様をやっつけても

データが得られぬ!」

「全力で戦え!」

こいつ・・人工知能で動いてるロボットなのか?

組織って何の話なんだ?意味がわからねえ

ワンパンマンネタバレ42

「わかった。だが一度トイレに行かせてもらおうか」

「便意を我慢しながらでは実力の半分程度しか出せない。それではデータが取れずに

困るだろ?」

「・・・・・ここで10分待つ」

「1分遅れるごとに10人攻撃する、逃げたらこの街は終りだと思え」

「強そうな怪人だな」

「高エネルギー反応・・・あれはロボットですね」

「それもかなり強力なパワーをもったロボット」

「正義の天才科学者クセーノ博士に改造してもらった俺よりも性能は上かもしれない」

「最低でも災害レベル鬼はいく厄介な相手です」

「果たしてキングはアレを相手にどう戦うのか」

扉が閉まる音

ワンパンマンネタバレ42

シーーーーーン

「俺をやりに来たか」

「はは・・」

「はあ」

心臓が鳴る音

「は、はあ・・はあ・・・」

ワンパンマンネタバレ42

「どうしてこうなった?怖えええ・・・・」

「怖ええよ・・・」

「俺は強くなんてない」

「無職でオタクで引きこもりな駄目な29歳だ」

ワンパンマンネタバレ42

「キングエンジンってなんだよ?!馬鹿か?」

「人一倍・・・いや何十倍も臆病なだけだ!ビビリすぎて鼓動の音が他人にまで

聞こえちゃう・・・」

「たまたま俺の目の前に災害レベル鬼~竜の凶悪な怪人が現れ目を閉じている間に

誰かがやっつけていた・・・」

「偶然、そんな場面に5回も出くわした!それだけだ!」

「そしたらヒーロー協会が勝手にS級ヒーローの証を送ってきた!」

「数々の功績を讃えるとか最強の新人ヒーローだとか言って」

「悪い気分じゃなかったので積極的に否定しなかった俺も悪いけど・・・

こんな事態になるなんて!」

ワンパンマンネタバレ42

「はあはあはあはあはあ」

「はあゲホッ!オエッ!はあはあはあ」

心臓がバクバク鳴る

「やべえ、ヒーロー辞めたい!死にたくない!ロボット相手じゃ名前の圧力も

通用しない!」

「心臓はちきれそう!頭がフットーしそうだよ」

「あああああああああああああ」

体がガタガタ震えて止まらない

ドーーーーーーン

「ひいっ」

「・・・この音は?」

始まった・・・

一分ごとに10人・・・

ごめん・・・

ごめん・・・

ワンパンマンネタバレ42

感想

最強のヒーローと讃えられていたキング、市民からも信頼の厚いキング、当然かっこいい

戦いを見せてくれるのだろうと期待していたら、なんとキングは弱虫だということが

わかった!皆からの声援のプレッシャーもあってか、トイレに逃げ込み泣き崩れるシーン

が面白かった。その様子をサイタマが見ていた!かっこよく助け船を出してくれそうな

予感。頼むよ、サイタマ!

ワンパンマンのストーリーはコチラ!

⇒43話を読む(次へ)

⇒41話を読む(前へ)

SPONSORED LINK

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする